会社設立を代行してもらう

会社設立は自分でもできます。

しかし、会社設立は専門の代行会社などに依頼した方が時間とお金もの節約になる場合があります。自分で行う場合でも、公証役場や法務局に支払うお金が必ず必要です。少しでも節約するためには、電子定款にして収入印紙代をなくす方法があります。自分でも作れますが、そのためのパソコンソフトなどの設備が必要です。

その後の会社で必要なら購入しても良いでしょうが、電子定款作成のためだけなら高くつきます。それを代行してもらうことで安くすむ場合があります。会社設立の流れはまず定款の作成をします。会社の所在地や名前を登記するために、法務局に提出する書類を作ります。

公証役場で定款の認証をしてもらい、法務局に書類の提出します。法務局で登記簿謄本や印鑑証明書を受け取れば完了です。これらを受け取れば銀行などで会社名義の口座が作れます。法務局に書類を一式提出した日が設立した日になります。ここまでの流れを代行してもらうことで早いところで数日で完了します。

会社設立の代行を依頼する場合には、会社選びに気を付ける点があります。手数料の安さだけでなく、その後の追加費用がかかるか確認する必要です。手数料が安いところなどには、会社設立後に税理士や会計士との顧問契約がセットになっていることがあります。

顧問契約を結ぶつもりなら良いのですが、そのつもりがないなら毎月の顧問料がかかるため結果的に支払う金額が多くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *