会社設立代行を利用すべきかどうか

会社設立は、個人でも行うことができます。

きちんと法律に定められた手続きを行って要件を満たせば、問題なく会社設立が可能です。そのため、代行業者を利用するべきかどうかは個人の判断で決めればよいことになります。代行業者を利用するメリットは、手続の負担を軽くすることができることです。会社設立に関することを知らなければ調べる必要がありますが、それには時間や手間がかかるでしょう。

その点、代行業者はそれを扱うのが業務ですから、問題なく手続きをやってくれますので、時間の節約につながります。自分でやると業者に依頼する費用がかからないので安くなりますが、業者でも格安で請け負っているところは多いです。

また、ケースによっては自分でやるより業者に依頼したほうが安くなります。代行業者は定款は電子定款で作りますが、それによって印紙代の4万円が必要なくなります。業者に払う手数料を入れてもコストが削減可能です。自分でも電子定款を作れば同じことになりますが、作成のために必要な機材を持っていないと買わなくてはなりません。

ちょうどそれには4万円くらいの費用がかかりますから、作成可能な環境にない人が会社設立をするなら業者を使った方が安くできます。以上のように、会社設立代行業者を利用すれば、自分でやるよりも早くスピーディーに行えるのみならず、コスト面でも多くの人の場合は安くなります。手間をかけずに安く済ませたいなら業者がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *