迅速に会社設立をしたい場合は代行サービスを利用する

会社設立をするためには色々な手続きをすることが必要です。

まずどんな会社を立ち上げるのかを決めてから定款の作成を行います。完成したら法務局に定款を提出するのですが、そのときに書類に不備があると返却されてしまうことになるので、返却された定款を修正する期間の分だけ会社設立するまでにかかる時間が増えてしまうことになる訳です。

法務局から何とか許可してもらったとしても、税務署などに書類を提出する必要があります。これらの手続きを発起人だけで行うのは、とても困難です。そんな場合は、会社設立を代行してくれるサービスを使うのが良い方法になります。どうしてかというと、在籍している司法書士などの専門家が在籍しているので書類の内容に間違いがあったり、手続きし忘れるなどといった心配をする必要がなくなるからです。

在籍している行政書士や司法書士などのスペシャリストたちが依頼した方の代わりに会社設立に必要となる書類を収集して記載し、提出まで行ってくれます。代行サービスは料金は依頼内容により違ってきます。

例えば定款の作成と法務局に登記する申請の手続きだけを依頼する場合は非常に安い料金でサービスを受けることが可能です。サービス内容は最低限となりますがイニシャルコストは出来るだけ安く抑えたいときに利用すると非常に効果があります。代行サービスでは法務局に登記の申請をした後に必要となる税務署などに届け出を行うこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *