会社設立を専門家に代行してもらうと安く済む場合も

会社設立は自分で手続きを行うよりも代行してもらった方が安く抑えられる場合があります。

一般的にはスペシャリストに依頼して作業を代行してもらう場合は手間と時間がかからない分、コストがかさむものです。しかし、会社設立に関しては手間と時間がかからないだけではなくコストも節約することが可能であるという良いことばかりになる可能性があります。会社設立で必要となる費用は、株式会社設立の場合だと、およそ21万円ぐらいです。

書類ベースの定款を発行するときには、4万円分の印紙代が発生するため、およそ25万円ぐらいかかることになります。合同会社は6万円程の費用で立ち上げることが出来ますが、書類ベースの定款を発行するとなると10万円程必要になってしまうのです。このように考えてみると会社設立にかかる費用の中で印紙代が占める比率が大きいことが分かります。

電子定款を発行することによって4万円の印紙代を節約することが可能です。自分で電子定款を作成することも出来なくはありませんが、特別なツールが必要となるのです。手間も時間もかかるため行政書士や司法書士、税理士などのスペシャリストに代行してもらうほうが迅速に進められます。

しかも行政書士や司法書士、税理士などのスペシャリストに代行してもらったとしても、およそ2万円ぐらいの費用しか、かからないのです。定款を作成するだけではなく節税に関するアドバイスなど色々な面で支援してもらうことも出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *