電子定款は経済的にお得なのか

定款を作成する場合は書面で作成すれば良いのか、それとも電子定款を作成するのが良いのかについて迷うという方は少なくありません。

電子定款を作成する場合は4万円分の印紙代を節約することが出来ますが、認証してもらうときに電子証明書を添付したり電子署名を施したりするためのハードウェアやソフトウェアが必要になります。

これらのハードウェアやソフトウェアが4万円以内で揃えることが出来れば経済的なメリットになりえますが、実際に買い揃えるとなると4万円とほとんど差がない金額となりますし、役場に出かけて電子署名を発行してもらう手続きになどでも手数料が発生することになるのです。

ですので、必ずしも電子定款は経済的に負担が少ないとは言えないことを理解した上で選ぶのが良い方法になります。法律上定款が有効になるためには公証役場にいる公証人から認証してもらうことが必要です。電子定款においても申請する手続きについては電子データのやり取りで済ませることが可能ですが、認証を受けた電子データを引き取るためには公証役場に行く必要があります。電子認証なので、一見全ての手続きがインターネット上で完結させることが可能で、認証データも電子メールで受け取ることが出来るのではないか感じている人も少なくありません。

とはいっても、書面の定款を申請するときには認証してもらうために2回公証役場に行く必要があるので、それが1回で済むのであればメリットであると言うことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *