電子定款にはどんなデメリットがあるのか

電子定款の最大のメリットは電子情報として扱われることから、書類の際には必要な収入印紙代4万円が不要になると言う点です。

これに加えて、パソコンで書類を作成し、データとしてそれを保管すると言うのが一般的になっている昨今にあっては、定款も電子定款が一般的となっています。ですが電子定款にもデメリットはあるので、それらをあらかじめ知っておくこと、それらへの対処法を考えておくことが重要です。

電子定款のデメリットとしてまず挙げられるのが、場合によってはソフトや機器を購入する必要性があり、それによって、結局は支払わなくても良かった収入印紙代の4万円に近いような金額になってしまうこともあると言う点です。たとえば文書作成ソフトで定款を作成した場合、それを所定のファイルに変換する必要があります。そのために必要な変換ソフトは署名機能つきのものでなければならないため、それを買わなければならないと言った具合です。

あるいは電子署名を付けるためには電子証明書を発行する必要があるのですが、発行された電子証明書はICカードリーダーでなければ読み取れません。よってそのためのカードリーダーを購入する必要性も出てきます。

更に電子定款と言っても、実際に様々な確認を受けたり、認証を受けたりするためには公証役場などに出向く必要があると言うのは注意点です。つまり何もかもをパソコン、ネットだけで済ませることはできないと言うわけですから、忙しい人やできるだけ足を動かしたくないと考えている人には、この点はデメリットになってしまうかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *