電子定款はどんなところがメリットなのか

会社設立の際には、会社の設立目的や発起人の氏名や住所、会社の住所などを記した書類を作成し提出する必要があります。

これが定款と呼ばれる書類です。定款は昔は書類であることが原則でしたが、平成19年からはパソコンで作成し、電子データとして提出、認定を受けることも可能になっています。定款の電子版であることから、こうした経緯によって作成、提出された定款は電子定款と呼ばれています。

電子定款には様々なメリットがあります。最も大きなメリットとして挙げられるのは、書類での定款の際には必要な収入印紙代4万円が不要であると言う点です。会社設立時には何かとお金がかかることから、できる限り出費を抑えたいと言うことも多いかもしれません。そのような時に4万円の出費が不要になると言うのは大きなメリットだと考えられます。

それからパソコンで定款作成ができるので、書類作成の手間がかかりにくいと言うのもメリットのひとつです。電子データ化する前にはプリントをして、内容に不備がないかなどを確認してもらう必要がありますが、それでも一から紙に書いて誤字脱字などに気を付けなければならないことを考えると、パソコンで文字を打つことで定款の作成が進められるのはとても効率的で便利です。

更に電子データとして保存できるわけですから保管にも便利だと言うのも、電子定款ならではのメリットです。定款はそこに記す内容も多岐にわたるため、書類の場合、保管だけでなく必要な情報を探し出す際にも手間がかかりやすいですが、電子データであれば簡単に必要な情報が探し出せると言うのもメリットだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *