電子定款はどのように作成するのか

電子定款とは、会社設立の際に必要な定款の電子データのことです。

従来、定款は書類での作成、提出が原則でした。しかしパソコンの普及やそれで作られたデータを書類のように扱うことが増えてきた時代の流れに合わせて、平成19年に定款の作成、提出もパソコンを使って行うことが認められたと言う経緯があります。電子定款は、書類での定款に比べると収入印紙代の4万円が不要なので、その辺りがメリットのひとつだと言えます。ただし電子定款でも決まりや求められる書類としての体裁は、紙のものと変わりありません。

よってどのように作るのか、その流れを抑えておくことは非常に重要です。電子定款の作成としては、まずはパソコンで文書としてこれを作成します。そして内容に不備がないかどうか、公証役場や法務局で確認をしてもらいます。それをしないで電子化してしまうと、後で不備が見つかった際に訂正などに手間がかかるのを防ぐためです。問題がないことが確認できたら、データをPDFのデータに変換するのですが、これには署名機能がついている変換ソフトが必要であり、かつパソコンなどに慣れていない人だと手間がかかってしまう恐れもあります。

ですからもし、何が何だかわからないと言うような事態になったのであれば、潔くプロの手を借りるのも方法です。またこの後には電子証明書を取得するのですが、これはICチップに保存されています。そのため、これを読み取るためのカードリーダも必要となってきます。その後、電子定款の公的認証手続きを済ませ、公証役場にて定款を受け取り会社設立の登記を済ませれば終了と言うのが、一連の流れです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *