電子定款とは~どんな時に必要なものなのかなど

会社を自分で設立したいとなった時には、様々な手続きを済ませていく必要があります。

定款の作成も、その手続きの内のひとつです。定款は、簡単に言うと会社に関する様々な情報を記載した書類のことです。会社の設立目的や活動の内容、構成員や業務執行と言った会社の基礎的な規則がそこには記されていることから、会社の憲法などとも呼ばれることがある書類です。

よって定款と言うのは、会社を設立しようとなった際に必要になるものと言うことができます。そしてそこに該当するのが電子定款です。実は一昔前までは、定款は書面での作成が決まりでした。しかし様々な書類の作成、提出がコンピュータを利用して、データとして行われていく流れに合わせて、平成19年から定款もコンピュータでの作成、そして電子文書として認定を受けることが可能となり、そのような経緯で作成された定款が電子定款と呼ばれています。電子定款が認められたことによるメリットは様々あります。その最たるのが、書類での定款の際に必要であった収入印紙代の4万円が不要になったと言う点です。

4万円と言うのはなかなか大きな金額ですから、それを支払わなくて良いと言うのはとても大きなメリットだと言えます。更にパソコンを使って書類を作成できると言うのも、手書きのそれに比べると大幅に手間、時間が省略できるのでメリットだと言えます。ただし定款である以上、そこに求められる決まりごとは多岐にわたり、それらを守らなければ定款として認められないと言うのは書類のそれと何ら変わりません。そしてそのためには、専用のソフトを購入する必要が出てきたり、法律のプロに一部をお任せする必要が出てくることもあるので、その点は留意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *