会社設立を代行してもらう方法とコスト

会社設立を代行してもらうとき、どこまでを自分でして、どこまでを専門家に依頼するのかをまずは決めましょう。

会社の形態には4つの種類があり、そのうち株式会社と合同会社が人気があります。それぞれの種類に特徴がありますので、どの形態が自分が行う事業にベストなのか、よく考えましょう。設立費用は合同会社なら最低6万円程度、株式会社なら最低20万円程度と決して安くはないので、しっかりと比較をして決めることが大切です。会社設立の代行業務をサービスとして提供している専門家としては、税理士・行政書士・司法書士などがあります。

税金の相談をしたいなら税理士がよいでしょう。料金が最も安くなる可能性があるのは行政書士ですが、事務所によって料金設定はさまざまです。現在は電子定款が利用できることで、専門家に依頼をしやすくなっています。なぜなら、電子定款にすることで最低でも紙の定款にかかる印紙税の4万円を節約できるからです。

コストを限界まで安くしたいなら、電子定款の作成だけを代行業者に依頼するという方法があります。しかし、あまりに安い業者には注意しておきましょう。有料のサービスへと誘導することが目的である場合があります。

会社設立を代行してもらう方法とコストはこのようになっていますが、大切なのは設立した後のことです。会社を長く存続させるということは一般に考えられているよりもはるかに大変なことだそうです。ずっと先のことまで見据えてベストな選択肢をとりましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *