会社設立時には代行サービスを利用した方が良い理由

会社設立時には代行サービスを利用した方が良いでしょう。

理由は手間を省くことが出来るという事と、コストパフォーマンスが良くなるという事があります。まず手間がかからないという事ですが、会社設立の代行サービスを利用すれば、基本的に全てをしてくれるということになります。

書類の作成から関係する役所での手続きまで全てをしてくれるので、質問に答えるという事をするだけで後は何も会社設立に関してはする必要はありません。そして、代行サービスを利用すると電子定款というものを使って法務局での手数料が安くなるという事があります。

定款というものを紙の書類で提出すると多額の手数料がかかるのですが、代行サービスはこの電子定款という電子データで書類を作成するので、手数料が大幅に安くなるというシステムを持っています。

この電子定款を提出するには電子定款用の承認システムを設置する必要があるわけですが、当然代行サービスの会社はこれを持っているので使えるというわけですが、会社設立時を初めてするような人はこのような承認システムは持っていませんから、紙で書類を作成するしかなくて、これがコストアップになってしまうというわけです。

確かにサービスを利用すると料金はかかることになりますが、その分は法務局の手数料とかなり相殺される結果となるので、圧倒的にコストパフォーマンスが良くなるという事にもなるというわけで、初めて会社設立をするような人であればこのサービスは利用すべきだと言えるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *