会社設立代行を利用した時のメリットとは

会社を立ち上げる時には、書類の作成や申請手続きなどを行えば、登記申請許可が下れば晴れて法人として営業を行うことが出来ます。

この書類の作成には、定款や資本金の払い込み、登記申請書などがあります。払い込み証明書は通帳を記帳して一定のフォーマットに従って製作するだけで巣からそれほど難しいものではありません。

しかし、会社設立時の定款作成は、定款と呼ぶ書類が会社にとってとても重要なもの、後から変更は出来ても、その都度手続きが必要になるので最初にしっかりとしたものを作成しておく必要があります。

定款には絶対的記載事項と呼ぶ、必ず定めておくべき事項と、会社にとって効力を持たせることが出来る任意的記載事項や相対的記載事項などがあります。絶対的記載事項は称号や取締役の人数やメンバー、本店の住所などであり、それほど難しいものではありませんが、後から効力を持たせるために作成する部分については経験を持つ専門家のアドバイスが必要です。

会社設立業務を代行する、設立代行業者は行政書士が窓口となり、書類の作成や申請手続きの代行を行ってくれます。但し、行政書士は自分が出来る仕事の範囲が決まっており、税金に関することは税理士の担当、法律に関与する部分は司法書士や弁護士など、それぞれの役割分担が決まっているのが特徴です。

会社設立時に依頼をする代行業者は行政書士でも、周りにはビジネスパートナーとしての税理士や司法書士、弁護士など会社経営の中でのアドバイザーになって貰える仕業資格を持つ専門家が存在しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *