便利に使える会社設立の代行

会社設立には手続きもいろいろと多く面倒なことがありますが、このような場合には代行サービスを使えば便利です。

もちろん会社の名称や役員構成などは事前に出資者のなかで取り決めておくことは必要ですが、あとは取り決めの内容に合った定款の作成から認証、法人登記などの一連の手続きをしてもらうことが可能です。

依頼先にも行政書士や司法書士などいくつかのパターンがありますので、どこまで会社設立の手続きを代行してもらえるのかや、サービスを受けるための料金についても違いがみられます。特に定款は法律によって一定の様式が決まっていますので、ある程度は法律の規定を知っていないと難しい面があります。

定款には絶対的記載事項といって、内容に記載しておかなければならないいくつかの事項があります。商号や本店の所在地、目的などがその絶対的記載事項にあたりますが、これらが記載されていなければ通用しませんので、やり直しになってしまいます。

専門家ではない個人が自前で作成する場合、このようなこまかな法律上の制約に気づかないことも多く、最初からサービスを利用して専門家に依頼をしておくことには大きな意義があります。なお会社設立の代行サービスには費用がかかります。

この場合の費用を削減する方法として、定款を電子定款の方式にしておくことが挙げられます。これにより紙の定款では必要だった収入印紙代が削減できますので、代行費用をまかなうことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *