会社設立は代行サービスを利用する

会社設立にあたってはさまざまな手続きが必要となります。

これは会社法などの法令によって決まっていることですので、かならずその決まりどおりに進めなければ手戻りになってしまうことは避けられません。しかし手続きのすべてを本人がする必要まではなく、知識や経験をもった専門家に代行してもらうことは可能です。

このような代行サービスはインターネットで調べてみても最近では多くなっていますので、料金体系や対応している地域、手続きのスピードなどを考えて適当なところと契約をするのがよいでしょう。

このような会社設立の代行サービスを利用するに際しても、会社の称号をどうするのか、役員は誰にするのかといった、あらかじめ最低限の取り決めをしておくことは当然です。その上で依頼をするわけですが、サービスの具体的な内容としては、会社設立に必要な定款を作成したり、定款の認証を受けてこれを法務局に登記申請したりといったことが挙げられます。

料金を節約したい場合には、サービスの一部だけを代行してもらって、あとは本人が行うことにする方法もあり、場合によっては料金別のプランとしてこうした内容が定められていることもあります。

特に定款作成などは法令によってかならず規定しなければならない事項や、規定しなければ法的な効力が発生しない事項などが含まれていますので、よほどの知識がなければひとりで作成するのはたいへんです。料金の節約を考えるにしても、このような専門的な内容は、なるべく依頼からは外さないほうが望ましいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *