認証のメカニズムを理解した上で電子定款認証を

会社の憲法とも言われている定款を電子定款で作成したいと考える人が増えています。

増えている理由の中には電子定款であれば印紙代の4万円を節約することが出来る、公証役場に出掛けなくても良いなどがあります。確かに、印紙代の4万円は不要になりますので、節約したい起業家にとっては魅力的な部分と言えましょう。しかし、公証役場に出掛ける必要がないと言う点においては、ニュアンスが少々異なります。電子認証はインターネットを利用して手続き手法ですから公証役場に出掛けることはありません。

但し、認証を終えた電子定款は公証役場に出向いて電子データを受け取る必要があり、必ず公証役場に行くことになります。電子定款認証は、電子認証を利用した定款認証スタイル、認証を行うためには役所に出掛けて住民基本台帳カードを取得する、ICカードリーダーで住民基本台帳カードを読み取り署名を行うなどが必要です。また、認証可能なPDFはアクロバットPDFソフトウェアが必要になるので、こうしたソフトウェアも用意しておかなければなりません。

操作そのものはそれほど難しいものではありませんし、インターネットの中には電子定款への署名のやり方、電子認証の手順などが記載してあるウェブページも多数見つけることが出来ます。こうした情報を利用すれば誰もが行うことは可能ですが、一見楽が出来そうな電子データによる認証手続きも、役所に出掛ける、公証役場に出掛けてデータを受け取るなどが必要になるので、これらを把握しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *