印紙代が節約できる電子定款

会社の設立には必ず、定款の作成が必要です。

定款を基に自治が行われる定款自治の原則という会社法のルールがありますが、定款は会社の重要な運営の定めがあります。だからこそ、定款自治の原則というルールがあります。そんな定款ですが、従来とは異なり現在では電子定款も認められています。電子定款は電子媒体で作られた定款です。こちらを利用すると、印紙代が節約できるメリットがあります。

そのからくりは、定款の認証の時に発生する費用にあります。紙の場合、認証手数料5万円とは別に4万円の印紙代がかかります。電子定款の場合は手数料は同じく発生しますが、この印紙代がかかりません。したがって、会社設立の際に電子定款を利用すれば、会社設立コストを下げることが可能です。ただし、作成するためのPDFファイルを作成するソフトやICカードリーダライタなどを購入すると、ほぼそれくらいの費用がかかってしまいますので、持っていない人は結局ほとんど差はないことになります。

持っていない人も安くしたい場合は、代行業者を活用します。代行業者は作成に必要な環境を持っているため作成できますし、手数料が4万円よりも安く設定しているところが多いため、自分で購入してやるよりも安くなりますし、手間も省けるので一石二鳥です。紙でもPDFでも定款の法的な仕組みは変わりませんが、お金の面では差が発生します。コストを抑えて会社を作りたいなら、電子定款を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *