電子定款のメリットとデメリット

電子定款はただしく理解して利用すれば節約になりますが、適切でなければ損になることもあるので注意が必要です。

メリットは印紙代の4万円が不要になることで、紙の定款は認証手続きを行うときに印紙代がかかりますが、電子定款は紙の書類ではないので扱いが異なっています。このことから、作成するための費用を4万円以内に抑えることが重要です。費用を抑えるには定款の作成までは自分で行い、提出するための電子ファイルへの変換は専門家に依頼するのが適切です。

フォーマットはPDFファイルであり、これだけであれば無料のソフトがありますが、さらに署名を挿入する必要があります。この機能は有料のソフトにしかないもので、34000円程度の出費になります署名はマイナンバーカードの電子証明書を使うように指定されており、読み取りにはICカードリーダライタが必要です。価格は2000~6000円程度で合計すると電子定款の作成に使用するツールを揃えるだけで4万円近い金額になります。あまり使うツールではないため、このときにしか使わないのであればほぼ無駄な出費です。

自分でソフトを使って変換を行う手間も発生し、電子媒体で認証手続きを行ってもそれで終わりでもありません。認証後は役場まで取りに行くことになります。これらを考えると専門家に依頼した方が安く、手間もかからないので便利です。対応内容が少ない方が安くなりますが、役場への受け取りまで依頼しても4万円はかからないことも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *