電子定款を利用するメリット

定款は会社を設立するときに必要な書類です。

会社は権利であり、目に見えないものによって決まっていることが多くあります。その内容が記載されているのが定款です。代表者、所在地や事業の目的、資産などが定款を見ることで知ることができます。つまりどんな会社かを記載した書類と言うことです。電子定款は紙で作成する定款を電子で行うものです。電子定款にするメリットはいくつかありますが、最も大きなこととして印紙税の免除があります。

紙で作られる定款には4万円の印紙を貼付することで納付しなければいけません。電子定款は貼付する紙がないため印紙税が免除になります。設立には多くの費用が必要になるため4万円とは言え助かります。紙を電子に変えるだけで減税できると聞くと楽に感じますが、実際にはいくつかの要件があります。電子で作るためにはパソコンが必須です。また、書類を作るためのソフトも必要です。そして提出するときにはPDF形式にしなければならないため変換できるソフトもなくてはいけません。

紙では印鑑で済むことも電子では電子証明が必要となり、その手続きのために公的個人認証サービスに対応しているICカードリーダライタも買わなければいけません。これらのものを揃えるだけで十分4万円を超えることになります。業務上で利用するのであれば問題ありませんが、電子定款にするためだけに購入するのであれば減税の意味がなくなります。しっかりと検討してから適用を判断しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *