電子定款を使っている代行業者

電子定款は、会社設立に必要な定款を電子媒体で作成したもので、法的な位置づけは異なりません。

ただし、会社設立のコスト面に関して言えば、印紙代がかからないので4万円の節約になるというメリットがあります。電子定款を作るにはソフトウェアが必要になり、これが結構お金がかかるので持っていなければほとんど変わらなくなります。それでも、会社設立代行業者を使えば、自分で購入するより安くなります。なぜ安くなるのかと言えば、代行業者は格安で代行サービスを提供しているからです。

電子定款の作成を活用していて実費負担は4万円安くなりますし、代行手数料が例えば1万円なら、差額の3万円は浮くことなります。それでいて手間暇も省くことができるので、自分は別のことをしていればよいというメリットもあります。代行業者はいろいろな士業がやっていることが多いですが、どこまでやっているかは異なりますので注意が必要です。登記の申請までやっているところならば、登記関連も自分でやらなくても用です。登記は、司法書士や弁護士しかやることができませんから、行政書士がやっている場合は提携しているかどうかを確認しましょう。

提携せずに発起人名義で代わりにやっている場合は違法です。仮にトラブルになってしまえば自分も不利益をこうむってしまう感応性がありますので、十分に注意しましょう。安さも重要ですが、実績やきちんとした定款を作ってもらえるかなども重要になるので、選ぶ際にはよく検討することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *