電子定款を利用するときのポイントとは

電子定款を利用するときのポイントとして、自分で作成するか専門家に依頼するか検討する必要があります。

電子媒体であるため従来の紙の定款で認証手続きをするときと比べ、印紙代が不要になるので4万円の節約が可能であるメリットがあります。しかし、電子定款にするための作業が増え、これを行うためのツールも揃えることになるので、4万円がそのまま節約できるわけではありません。ツールをこの作業にだけ使用するのか、今後の業務でも使用する可能性があるか、という点が重要です。

電子定款の作成では署名機能があるPDF変換ソフトとマイナンバーカードから電子証明書を読み取れるICカードリーダライタが必要です。この2つを合計すると4万円程度になり、節約できる金額と同じになってしまうので、もしこのときにしか使用しないのであればメリットが打ち消される問題があります。今後も使用するのであれば購入タイミングが前倒しになっただけであるため、自分で作成することを検討しても良いでしょう。

ただし、自分でツールを使って変換を行うので、使い慣れていないと作成に失敗することもあるので注意が必要です。専門家に依頼する場合の料金は安くなります。複雑なものではなく、ツールも揃っているので節約できる金額以内に抑えることができ、それ以外の相談なども行えるので便利です。認証手続きに失敗してやり直しになる可能性も少ないので、手軽に利用したいのであれば依頼すると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *