電子定款と電子証明書の取得について

電子定款は電子媒体で認証手続きを行う方法で、定款認証時には公証役場に出掛ける必要がない、紙の定款に貼り付ける印紙代の4万円が不要になるなどの魅力を持ちます。

紙の定款には発起人全員の実印を捺印する形になり、実印の証明書を添付することになります。電子定款の場合は電子署名と電子証明書が必要です。電子署名は実印のようなもの、そして電子証明書は実印の印鑑証明書になるもので、電子署名をPDFに付与することが出来るソフトウェア、電子証明書を添付することが出来るICカードリーダーと住民基本台帳カード、もしくはマイナンバーカードが必要です。

尚、紙の定款の場合は発起人全員の実印が必要ですが、電子定款の電子署名については代表者1名の署名があれば良いと言われています。電子証明書を発行して貰うためには、発起人がお住まいの市区町村の窓口で取得しますが、住民基本台帳カード、運転免許証などの公的機関が発行した証明書が必要です。手数料として500円が必要になるので現金も忘れずに持って行きましょう。

さらに、電子証明書新規発行申請書が必要になりますが、これは役所の窓口に用紙があるのでその場で記入をします。電子証明書の発行手続きを終えた後は、電子証明書発行確認票が交付され、持参した住民基本台帳カードのチップ内に電子証明書が記録されることになります。ちなみに、チップに証明書が記録されているなどからも、住民基本台帳カードの保管は注意しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *